Subscribe: RSS


  • 「MODxでつくる!最強のCMSサイト」(ソーテック社)

    http://www.liolion.info/LULU-LOG/07/200704/18_2051.html
    詳細はこちら。MODxの解説本が出ます。発売はゴールデンウィーク明けの5月9日頃。
    MODx自体がまだ未完成なので網羅的には書けませんでしたが、ポイントは押さえて
    あると思います。実装されているように見えて、実はちゃんと機能しない…というような
    コマンドもあったりするので、しょーがないなーと言いつつの執筆でした。そうは言っても
    このCMS、基本的に多機能なので。発展途上でありながらもすでに他CMSを凌駕して
    いる感があります。すごいなと実感しつつの執筆作業でもありました。Webベースの
    ファイルシステムのような印象もあって、ちょっとした工夫で様々な使いこなしの
    可能性が感じられます。敷居の高いフレームワークとしてではなく、このクラスの
    手軽なCMSでそのようなことが可能というのが面白いです。

    スニペットなどの拡張に関しては、紹介程度に触れました。ただしDittoなど需要が高いと
    見られるものは実例も交えて詳しく書いてます。DittoやWayfinderを使いこなせるように
    なると、複数のドキュメントの情報を密接にリンクさせた、CMSならではの動的なサイト作りが
    できるので面白くなってきます。

    執筆を通じて新しく発見した魅力も多数ありました。たとえばウィジェット。飾りのような
    ものと思ってましたが、これを活用しないとちゃんと作れないサイトもあることに気付き、
    終盤になって慌てて記述を追加しました。他のCMSだったら諦めているようなところにも、
    MODxはしっかり踏み込んで作り込まれています。
    このへんのテンプレート変数(つまりカスタムフィールド)を軸としたノウハウだけで
    本が一冊書けそうな勢いです。

    高度な使い方も可能だけど、基本は初心者向けの軽量CMSだと思います。現時点では、
    Xoopsのようにフォーラムやカレンダーを手軽に設置するような用途には向きませんが、
    テンプレートベースで構成を管理しやすいシンプルなCMSを探している人には向いていると思います。
    そのうちスニペットが充実してきて、手軽に貼り付けられるpiCalのようなものを作る人が出てくるかも
    しれませんが。(※現在でもDittoCalなどがあるけど少し手間がかかります)

    Googleで探せば見つかるような情報を並べてもつまらないし、かといってノウハウ的に
    解説できるほどは枯れていない。書籍向けとしてはタイミング的に扱いが難しいCMSですが、
    海外に目を向けるとすでにMODxはベータでありながらも実用の段階に入っています。
    国内での普及が遅れているのは情報入手の問題が大きいのでしょう。とりあえず日本語の
    情報が充実しているCMSに片寄って普及が進む傾向があるとしたら、本書でちょっと
    がんばってみる意義はあるのではないかと思っています。

    ※2007年4月21日追記
    ●これからMODx導入を検討する人への参考情報

    以下のサイトが実際にMODxで構築されてます。どこがMODxっぽいのか分からない?そう感じられたら正解。
    デザインやサイト構成の自由度の高さがMODxの特長なので、作り手のイメージがそのまま表現できます。
    企業サイトが多いけど、個人サイトで使うのも面白いと思います。

    http://www.muryoutouroku.com/
    http://www.ecstudio.jp/
    http://www.3ware.co.jp/
    http://www.scalix.co.jp/
    http://www.codedark.com/
    http://www.ifagesundheit.de/
    http://www.mutevj.com/
    http://leftblank.nl/
    http://www.worldwideworkforce.net/
    http://www.senanto.nl/
    http://www.52eins.de/